3-1.ホントに大変! 組織作りはヒト作り

まあ、地味な話ですが、株式上場にあたっては、上場会社として必要な社内体制の構築が求められます。実は一番重要なところです。

組織作りとは、結局ヒトを育てることと同じなので、時間がかかります。

昨今、上場直後に業績下方修正を発表する発行体もあり、改めて社内管理体制の強化が注目されています。


具体的には、次の事項がポイントとなります

① 権限が一部に集中しないような組織全体の構築
② 一部の人間の不正等防止のための内部牽制組織の構築
③ 社内組織の横断的なチェックを行う内部監査部門の設置
④ 規程の整備及び規程に則った業務の運用
⑤ 上場会社としての 企業内容開示体制(タイムリー・ディスクロージャー)の構築

カタイですよね。話がw 

上記ポイントはいずれも重要ですが、このうち➄については、株式上場会社として備えているのが当然の事項であり、換言すれば体制が整わない限り上場は困難な要件です。

それでは、明日から、細かく書いていきますね。

よろしくお願い申し上げます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキ❤️!! ありがとうございます😊!
3

ジェイ・キャピタル・パートナーズ 公式

ジェイ・キャピタル・パートナーズ株式会社の公式noteです。 プリンシパル(直接)投資と、M&Aアドバイザリー、IPOコンサルなどを行なっています。

#IPOまとめ

IPOって、検討したいけど、とても大変そう。 先ずは何から始めたらいいの? 監査法人や主幹事証券はどう決めたらいいの? 審査のポイントは何? そんな新規上場(IPO)に関する疑問を解決するべく、 IPOの話を分かりやすく語っていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。