見出し画像

ビジネスデューデリジェンスが最も重要なわけ

ビジネスデューデリジェンスが最も重要なデューデリジェンスです。それは結局はその会社の戦略・戦術含めた全てを評価することだからです。

画像1

ビジネスモデル、市場環境、製品特質や品質、顧客ベースや仕入先の状況及びそれらとの関係および交渉力、競合他社、代替品や新規参入の脅威、技術開発力、組織力、特許、営業資産(設備)の状況、過去の損益状況、今後の事業計画等の様々な観点から分析事業のSWOT(強み、弱み、機械、脅威を理解し事業の将来収益性を評価します。

更には様々な自社事業とのシナジー効果に関する検討や事業統合に関するリスクを評価することになります。

ビジネスデューデリジェンスの最終目的

1.M&A単体事業計画の妥当性を検討し、単体事業価値(スタンドアロンバリュー)を算定すること
2.シナジー効果を織り込んだ統合事業計画を策定し、シナジー効果に係るM&A価値算定に関するベースを確定すること
3.事業計画には反映出来ないリスクを洗い出し、契約条項でそのリスクを織り込むこと
4.M&A後の統合計画(PMI)を確定すること

【お知らせ】

弊社代表の田中が登壇した、先月のセミナーのDay2のみをご要望にお応えし、
別途開催しますご興味ある方ははぜひご参加ください。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキ❤️!! ありがとうございます😊!
4
ジェイ・キャピタル・パートナーズ株式会社の公式noteです。 プリンシパル(直接)投資と、M&Aアドバイザリー、IPOコンサルなどを行なっています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。