見出し画像

対象会社のバリューチェーンを正しく把握することが重要

バリューチェーン分析のステップ

バリューチェーン分析は以下の3つのステップに分けられます。

画像1

バリューチェーン分析の目的

バリューチェーン分析の目的は、バリューチェーンを構成する各要素(機能)がどのような構造によって、最終的な製品やサービスの付加価値を創出しているのか、企業の売上や利益に対してどのように影響を与えているのかを分析することで、企業の強み・弱みを抽出することに他なりません。

対象会社のバリューチェーンを把握する

対象会社のバリューチェーンだけでなく、最終製品、サービス全体のバリューチェーンを把握します。

各バリューチェーンで何が競争要因なのかを特定する

その中で一番競争優位となるバリューチェーンを特定します。

当業界におけるキーサクセスファクター(KSF)を特定する

対象会社がその業界の勝ちパターンの要件を充足できるかのか確認します。

【お知らせ】

弊社代表田中のオンラインサロンです。ご興味あればどうぞ。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキ❤️!! ありがとうございます😊!
4

ジェイ・キャピタル・パートナーズ 【公式】

ジェイ・キャピタル・パートナーズ株式会社の公式noteです。 プリンシパル(直接)投資と、M&Aアドバイザリー、IPOコンサルなどを行なっています。

#M&Aまとめ

最近は大企業同士のM&Aだけでなく、 コーポレートベンチャーキャピタル(CVC)も盛んだけど、ベンチャー企業のデューデリジェンスや、株価算定、 条件交渉はどうしたら良いのだろう? そんな疑問にM&Aの入り口の話から、 して行きたいと思います、
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。