見出し画像

投資銀行サロン 週間レビュー No.155

【投資銀行サロン 週間レビュー No.155 】


先週の週間レビューです。
先週は仕事が忙しく、
あまり更新出来ず申し訳ございませんでした。

今週は
ぺんてるの話が暗礁に乗り上げているということでした。

まあ、側から見れば、ぺんてるオーナーがファンドに売る時に、
LPの素性が好ましくないと判断した場合は、
買い戻し請求権を発動させるなど、
最初に記載しておけば良いではないかと思いますが、
現実的には、投資事業有限責任組合との譲渡契約で、
LPに対して何かを直接的に請求することは、
文言の中で見たことはありません。

なぜならLPは投資発行体に対して、
直接的に経営権を持っているわけではないからです。

この案件はコクヨは確信犯的にこのスキームを行っており、
違法ではないですが、法の網をかいくぐったケースであり、
あまり筋が良いやり方ではありません。

ぺんてるが未上場である限り、
株の取得方法には限界があることを勘案すれば、
現状の様な硬直した状況になることは、
十分予見されていたはずです。

本件は少し調べて記事が書ければ書きたいと思います。

今週もよろしくお願い申し上げます!

【サロンonly 】

7/29 個人株主調査
7/29 株主調査

【フィナンシャルトピック】

7/29 5-1.上場審査は2つある。〜主幹事審査と取引所審査

8/1 5-2.マザーズの「成長可能性」とはどこを見ているのか?〜上場審査

8/3 JPX 流通時価総額分布


8/3 【スライド解説】コクヨ→ぺんてる「勝手に出資」騒動の理由


8/3 内定した会社のほとんどが、15年後には無くなっていた話


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキ❤️!! ありがとうございます😊!
3

ジェイ・キャピタル・パートナーズ 【公式】

ジェイ・キャピタル・パートナーズ株式会社の公式noteです。 プリンシパル(直接)投資と、M&Aアドバイザリー、IPOコンサルなどを行なっています。

#上級ファイナンスを身に付けたい

弊社代表の田中は「Hiroの投資銀行サロン」というオンラインサロンを開設しています。 ここは、そのサロンの内容を垣間見ることが出来ます。 「Hiroの投資銀行サロン」 https://lounge.dmm.com/detail/174/ あのファイナンスやM&Aはどのよ...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。