見出し画像

行章が廃止になったのは、行員の命を守る必要があったから。

関西電力の一連の話をよく読んでみると、
総会屋の構図に似てるなと思い、
昨日、久しぶりに「金融腐蝕列島 呪縛」を観た。

1999年に映画館でも観たが、都市銀行の朝日中央銀行(ACB)による長年に渡る総会屋への不正融資が発覚し、役員総辞職、ミドルによる再生を追うストーリー。以前の第一勧銀(DKB)の総会屋利益供与事件がモデルになっている。

あの銀行本部の空気が懐かしく、思い出して探してみたら、やはりあった。昔のあさひ銀行の行章。

画像1

入行の埼玉銀行は赤の桜の行章で、その後合併した協和埼玉銀行の行章はKSB、そして行名変更したあさひ銀行の行章がこれだ。

以前の行章は全て固有番号が振られており、回収され、新しい行章が渡されたが、不良債権問題が世間で大きくなり始めた頃に、融資課の行員の身の危険を守るために、それまで義務化されていた行章を背広に着ける行則が廃止された。

住友銀行名古屋支店長や阪和銀行副頭取が射殺されたくらいである。

「駅のホーム歩く時は、真ん中歩けよ。」と言うのは穴がち大げさな話ではなかった。

その後大和銀行と合併したりそなの時は、既に行章は無く、未回収のままのあさひ銀行の行章のみがここに残っている。当時の名刺は処分してしまい、もう銀行時代の持ち物はこれしか残っていない。

銀行を辞めて16年経つが、今年でようやく銀行を辞めてからの社会人経験の方が長くなった。

今は銀行は嫌いだけど、銀行時代に培われた経験が、やはり社会人としてのベースとなっていることに感謝する次第。

【お知らせ】
弊社代表の田中が登壇した、先月のセミナーのDay2のみをご要望にお応えし、
別途開催しますご興味ある方ははぜひご参加ください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキ❤️!! ありがとうございます😊!
2

ジェイ・キャピタル・パートナーズ 【公式】

ジェイ・キャピタル・パートナーズ株式会社の公式noteです。 プリンシパル(直接)投資と、M&Aアドバイザリー、IPOコンサルなどを行なっています。

#日々の暮らしから

弊社代表の田中博文の個人エントリーです。日々の生活からの気付き、そこから時には人生観に至るまで、徒然なるままに。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。