#M&Aまとめ

21
ノート

ビジネスDDでポテンシャルを見るには市場の選定が重要

ビジネスデューデリのポイントの最後は、収益改善余力の確認です。

市場動向
・市場の選定

競争環境
・提携

バリューチェーン

基本設計
・開発陣容強化

販売
・販売費削減
・顧客絞り込み

ビジネスインフラ

関係会社
・整理・売却

情報システム
・システムによる効率化

組織
・人員適正化
・成果主義導入

経営管理
・管理コストの削減

従業員
・育成

買収先のポテンシャルを見るに

もっとみる
スキ❤️!! ありがとうございます😊!
3

ビジネスDDのポイント2

少し間が空いてしまいましたが、今日はビジネスデューデリの事業自体の評価です。

2.事業分野の評価

事業自体の成長性の評価

市場環境
・需要の規模・成長率

競争環境
・参入障壁
・競合との量と質

バリューチェーン
・多額の研究・開発コストの必要性の有無

3.相対的優位性の評価

コスト優位性・差別化優位性

バリューチェーン

・バリューチェーンの繋がり具合(有機性)

基本設計
・技

もっとみる
スキ❤️!! ありがとうございます😊!
2

ビジネスデューデリジェンスのポイント

昨日と関連しますが、ビジネスDDのポイントは大きく4つあります。

1.事業リスクのピックアップ

2.事業分野の評価
・事業自体の成長性評価

3.競争優位性評価
・コスト優位性
・差別化優位性

4.収益改善余力の確認

今日は事業リスクのピックアップです。

マクロ環境
・規制
・季節変動

競争環境
・新規参入
・外資参入
・係争

バリューチェーン

基礎技術
・新技術
・特許期限
・技

もっとみる
スキ❤️!! ありがとうございます😊!
2

DDはまずスタンドアローンバリューを算出すること

以下はデューデリジェンスのステップです。

大きくは事業構造分析と、業績構造分析に分かれます。

事業構造分析
外部環境分析
事業部別のインタビュー実施
業界専門家・FAアナリスト動向による工場・ラボの視察

業績構造分析
製品別収益性分析
損益分岐点分析
事業別PL、BS、CFの作成
修正事業計画の作成

スタンドアローンバリューの評価
現状の企業価値評価
事業部門別の事業価値評価
Go、NoG

もっとみる
スキ❤️!! ありがとうございます😊!
4

後継者が見つからない、買い手が見つからないのは、それがその企業の寿命だから。

昨日、NHKでこの様な番組がありました。

経営共創基盤の冨山和彦氏がご出演されており、

放映後のSNSで、以下のコメントをされていました。

会社は人間が生きるための道具。使えるうちは使い倒し、役に立たなくなったら潰せばいい。事業もそこに関わる人々のためにある。自分がもはやそのベストオーナーでないと思ったら誰かにさっさと譲るべき。中心企業の数が意味のある時代は終わりました。質が問われる時代です

もっとみる
スキ❤️!! ありがとうございます😊!
6

ビジネスデューデリジェンスが最も重要なわけ

ビジネスデューデリジェンスが最も重要なデューデリジェンスです。それは結局はその会社の戦略・戦術含めた全てを評価することだからです。

ビジネスモデル、市場環境、製品特質や品質、顧客ベースや仕入先の状況及びそれらとの関係および交渉力、競合他社、代替品や新規参入の脅威、技術開発力、組織力、特許、営業資産(設備)の状況、過去の損益状況、今後の事業計画等の様々な観点から分析事業のSWOT(強み、弱み、機械

もっとみる
スキ❤️!! ありがとうございます😊!
4

どこに張れば良いのか?市場の魅力度×勝てる度

今月はまたM&Aをやります。
今月はもう少し戦略寄りの話をしたいと思います。

ボスコンが作ったPPMというのがありますが、
あれは市場成長率と自社もマーケットシェアにフォーカスしたフレームワークですが、これはマッキンゼーが開発したビジネススクリーンといって、もう少し細分化したものになります。

弊社では、M& Aや、ベンチャーのデュー・ディリジェンスのときのキラーチャートとして、このフレームワー

もっとみる
スキ❤️!! ありがとうございます😊!
5

スタートアップM&Aバリュエーション

【お知らせ】

弊社代表の田中が登壇した、今月のセミナーのDay2のみをご要望にお応えし、
別途開催します。

何卒よろしくお願い申し上げます。

■このようなことが学べます
1. 先方事業計画の蓋然性の判断(KPIを中心に)
2. 資本コスト / WACCの考え方
3. レバードβ、アンレバードβ、マーケットリスクプレミアム、サイズプレミアムなどの考え方
4. ベースケース、アップサイド、ボトム

もっとみる
スキ❤️!! ありがとうございます😊!
3

デューデリジェンスでは、Deal Breaker(交渉決裂項目)を複数選定し、その程度・条件・基準を決定しておくこと。

ちょっと長いですが、以前、私が投資銀行時代に、セルでもバイでもデューデリジェンスを行う際の論点としていた項目です。

要はこの論点の確認に必要な資料を徴求、もしくは準備するということになります。というよりそもそもこれがイメージ出来ないと、ディールが成り立ちません。

最初にCのところの事業活動の中で、業界分析のフレームワーク(3C、B3C、5F、PEST等)を使い環境認識を行ったうえで、事業特性を

もっとみる
スキ❤️!! ありがとうございます😊!
12

M&Aは、マッチングの重要度の濃淡を確認することが大事。

昨日のマッチングの話をもう少し、細かく見ていきましょう。

同業他社にバイヤー候補先を絞ったわけですが、それでも国内では外資含めて3社しかいないマーケットでした。そのうち2社は外資でした。

外資A社、国内B社、外資C社を事業譲渡候補先として、事業譲渡時のマッチング度、論点、重要度の評価を行います。

バリューチェーンのフェーズごとにヒト、モノ、カネの論点を出し、セラーとバイヤー候補先の意思がマッ

もっとみる
スキ❤️!! ありがとうございます😊!
3